プロにも愛用者が多い長谷園の土鍋

他人グアム旅行 > 注目 > プロにも愛用者が多い長谷園の土鍋

プロにも愛用者が多い長谷園の土鍋

ご飯を炊く際に炊飯器ではなく土鍋を使用する方が増えていますが、土鍋を使用して炊飯する際に多くの方に選ばれており75万台もの売上を記録したのが長谷園の製品です。
長谷園は三重県伊賀市にて焼き物を作り続けている歴史ある会社であり、75万台を売り上げた製品の開発には3年間もの年月を費やした上に、開発期間中に生み出した試作品の数は3千個にものぼります。
そのような長い年月と多くの試作品を経たからこそ唯一無二の土鍋が完成し、様々な特徴がある中手にした時に真っ先に感じられるのが頼もしい重量感です。
重量感が感じられる理由は通常の土鍋に比較して厚みが2倍も厚い様子が関係しており、厚みが2倍もあるからこそ高い保温力が得られる事に加え、加熱に要する時間が短くてもお米の内部に至るまで熱が行き届くので、鍋を使い始めて間もない方でもすぐに艶がありふっくらとしたご飯が炊き上げられます。
また、厚みがある事によって鍋を用いて炊飯する際の方法も簡単になっており、従来の鍋では途中段階で弱火にする必要がありますが、長谷園の製品であれば中強火を用いて13分間炊いた後20分間蒸らすだけで炊き上がるので、弱火にする必要が無く気軽に土鍋ならではの美味しさが味わえます。
他にも長谷園の製品を使用すると気軽に土鍋でご飯を炊く事ができるようになる理由としては、火加減を細やかに調節しなくても吹きこぼれないという特徴が挙げられます。
長谷園の製品だと吹きこぼれる心配が無いのは蓋の構造が関係しており、通常蓋は1枚で構成されているものの長谷園の製品は上蓋と中蓋の二重構造になっていため圧力釜と同じ仕組みが働き、細やかに火加減を調節しなくても吹きこぼれません。
長谷園の土鍋を手にした方は、利便性に長けていて気軽に土鍋で炊いたご飯が頂けるという魅力によって愛用し続ける方が多いですが、愛用し続けるのは本体や蓋など各部のパーツのみを買い求められるように単品販売していて、サポート体制が充実している様子も関係しています。

関連記事

  1. 目の下のたるみが目立つようになると...。
  2. プロにも愛用者が多い長谷園の土鍋
  3. 箪笥がなくなった分、部屋が広く使えるようになったので
  4. デザイン性のあるプラスチックカードは
  5. 気になるホットヨガの効果
  6. フラッシュモブプロポーズを思いつく
  7. 思い切りが大事なフラッシュモブ